関市内のお客様宅で洗面所の整理収納を行いました

「来てもらえるという事で、本当に何にも手を付けてないです」

お客さまの言葉に「もちろんそれでいいですよ」と答えました。

 

こういうお客さまはまれで、やっぱり他人を家に入れて、片付いていない場所を見せるというのはハードルが高いようです。

でも、整理収納アドバイザーとしては、現状からお客さまと一緒にゴールへと向かいたいものです。

 

今回のお客様宅では、洗面所の整理収納を行いました。

ビフォーの様子はこちら↓

DSC_0337

窓の前は気になりますが、一見モノが外に出ておらず片付けられている状態です。

ですが、引き出しの中や棚にはモノが詰まっていました。

お客さまも、奥に何が入っているのかわからないとの事でした。

DSC_0347

DSC_0342

DSC_0351

まずは全てのモノを一カ所に集めます。

DSC_0360

ここから要るもの要らないものを分けていきます。

たくさんの空のボトルが出てきて、お客さまもビックリです。

更に要らないものを、売るもの、処分するものに分けます。

分ける作業が終わったら、分類ごとにまとめます。

その後は家族が使い易いように、収納していきます。

カビ取り剤が何本も出てきました。

DSC_0377

手放すことができないという事で、古い順に番号を貼り使ってもらう事になりました。

DSC_0383

DSC_0382

窓の前もスッキリしました。

DSC_0375

なんと、引き出しが一つと、上の棚が空っぽとなりました。

DSC_0374

これにはお客さまもビックリ。

いかに必要のないものが入っていたのかと、ショックを隠し切れない様子でした。

その後はモノを余分に買わないよう、心掛けているそうです。